看護師が転職に成功するために必要なコツ

看護師が転職を考える理由は人それぞれですが、新しい職場でやりがいを感じながら働くために、時間を掛けて職場選びをする必要があります。特に、看護師としての経験が浅い人や、出産や育児などのためにブランクのある人は、新しい職場が見つかるまでに時間が掛かる傾向があるため、ゆとりのある就職活動の計画を立てることがおすすめです。

また、各地の医療現場においては、採用試験の際に、実務経験の長さや看護技術の高さだけでなく、コミュニケーションスキルを重視するところも増えています。例えば、大学病院や公立病院では、複数回の面接やグループディスカッションなどが行われることもあるため、早いうちから試験対策に取り組むことが大切です。給料や福利厚生、研修制度などの待遇の良い医療機関へ転職を目指すにあたっては、就職相談会などの機会を使って、実際に気になる職場で長く働いている看護師に話を聞いてみるのも良いでしょう。転職活動の成功に不可欠なコツをつかむには、求人票を確認するだけでなく、転職セミナーなどのイベントに積極的に顔を出すことも大事です。

転職活動を始めてから内定を得られるまでの期間は人によりますが、待遇の良いところから内定を得るためには、準備期間を含めて少なくとも一か月から三か月ほど掛けて求人選びをすると良いでしょう。またその他の転職方法としては、各地の病院やクリニック、検診センターなどの医療関係の求人情報を豊富に扱っている看護師向け転職支援サイトを利用することもおすすめです。